【FGO】「スーパーリコレクションクエスト」攻略記事はココをクリック!
FGO

【FGO】『ぐだぐだ龍馬危機一髪!』全体的な感想【ぐだぐだ龍馬危機一髪!#5】

【FGO】『ぐだぐだ龍馬危機一髪!』5 FGO
この記事は約7分で読めます。

『ぐだぐだ龍馬危機一髪!』無事に完走!

どうも!ブログ管理人のカミカミ大王(@kamikamichannel)です。

『ぐだぐだ邪馬台国』から連続開催の『ぐだぐだ龍馬危機一髪!』でしたが・・・みなさん無事に完走できましたか?

管理人はとりあえずイベント自体は完走できました!
っても、いつも通り(?)報酬は全て取りきれませんでしたが(^_^;)

ってことで、今回はイベントの全体的な感想を述べてみます。

『ぐだぐだ龍馬危機一髪!』全体の感想

ストーリーはどうだった?

タイトルの「ぐだぐだ」に反して、メインストーリーはかなり真面目でしたよね?
しかもメチャ面白かったですし(´∀`)

・・・ま、裏シナリオはいつものぐだぐだ感ありましたけどww

個人的に、今回のように主人公(マスター)やマシュがあまり出しゃばらなくて、メインキャストそれぞれでストーリーが進行していくようなシナリオはかなり好きです。

そのほうが各キャラに感情移入しやすいですし、各キャラの深みがより一層分かると思うので。

また今回は特に、以前の記事にも書きましたが演出面で結構気合が入ってたように感じます。
キャラを対比するような構図とか、その場のキャラ全員をまとめたカットインとか。

個人的には今回の演出はかなり好みですね。なんというか・・・ちゃんと「ビジュアルでその状況やキャラの様子が分かる」ようにしてくれてるというか、視覚的に情報を伝えてくれてるというか。

たまにありますよね?ゲームやアニメなんかで、状況説明や心理描写を絵(目)じゃなくてキャラが台詞で語っちゃうタイプの演出・・・。
アレって正直かなり安っぽく感じるんですよねぇ・・・「いや、せっかく絵で見せれる手段があるのに何で台詞にしちゃってるの?」って(;´∀`)

今回そういうのをあまり感じなかったので、だからこそテンポも良くて、すんなりストーリーに入っていけた(没入感は大事ですよね)んじゃないかと思いました。

登場キャラはどうだった?

コレも以前の記事で少し印象を語ってますが、改めてまた書いていきますね。

龍馬&お竜さん

今回の主役ですが、元々かなり人気のあるキャラ(カップリング)だったのもありましたが・・・さらに人気が出たんじゃないかと思います。

管理人は後発組なので『ぐだぐだ』イベントで直接この2人を見たことがないので、以前はそこまで興味なかったんですが・・・今回でかなり好きになりました(*´ω`*)

龍馬とお竜さんの関係性というか、お互いの想いというか・・・アツイし泣けるし良いですよね!

ガチャで新実装されたランサーの龍馬はかなり強いみたいですし、好きな人にはさらに嬉しいでしょうね!
管理人は所持ランサー枠は「周回はパーさん・ラムダ、高難易度はエルキドゥ・真祖」って感じで特に困ってないですし、微課金勢ゆえに石の使い所の見極めが大変で・・・年末年始のために温存しておきたかったのもあって、今回は泣く泣くスルーしましたけどね(´・ω・`)

余談ですが、このランサー龍馬(&お竜さん)が実装されたのが11月22日ってことで、「いい夫婦の日」なのは・・・運営のニクイ演出でしたね!

謎の蘭丸X

蘭丸カワイイヤッター!

出雲阿国

正直・・・なんか立ち位置としても新規実装鯖としても微妙だった気がします(;´∀`)

管理人は元々「和鯖好き」なんですが(巴さん・薫子さん・千代女殿は推鯖です)ブッチャケこのコには食指が動かなかったんですよね。。。

超攻撃型のキャスターで、しかもキャスター初のQuick宝具ってのはパッと見は良いんですが、単体宝具キャスターなら「自分だけでなくパーティメンツにNP配れて誰でも特攻にできる水着コルデー」と、「NP100%補充できて豚化で封殺も可能なキュケオーンさん」「火力は低いがピンポイントで刺さる場面のあるメディアさん」で、そこまで困ったこと無いのも大きかったかなぁ。

特に、キャストリアと組ませやすい水着コルデーがかなり器用に立ち回れるのもあって、戦力的には必要性が薄かったですし、前述したようにイマイチ印象が薄かったのもあって・・・阿国さんはかなり微妙でした。。。

高難易度クエストで敵として出てきた阿国さんはかなり強く(クリ殴りが狂気!w)て、そこはちょっと魅力的ではありましたけどね。

武市瑞山

『ぐだぐだ邪馬台国』の芹沢鴨に匹敵するほど

メチャクチャ格好良かった!!

やはり敵であっても信念のあるキャラは魅力的ですよね!

てか・・・

武市瑞山「田中君なら眉ひとつ動かさん」

「この程度で騒ぐな、まだ一太刀だぞ。
田中君なら眉ひとつ動かさん。」

↑この台詞、色んな意味で破壊力ありすぎでは??

田中新兵衛にとっちゃ、めっちゃハードルあがってるけど大丈夫なんかな?ww

高杉晋作

初登場時点ですでに胡散臭かったですが、結局やっぱりその印象通り胡散臭くて真のラスボスでしたねw

立ち回りやキャラ設定としては好みなんですが・・・ちょっとね、正直・・・ビジュアルイメージが残念というか、好みに合わなかったです。。。

特に、メインキャストである龍馬や武市先生、田中くん、えろうイケちょるスーツの以蔵さんあたりの、周りの志士連中がみんなビジュアルイメージ滅茶苦茶カッコ良かったのもあって、余計にだいぶ ”浮いて” ましたよね(;´∀`)

阿国や蘭丸は「かわいい枠」なので、ストーリーのイメージよりはキャライメージとしてアレで良いとは思うんですが・・・高杉晋作は黒幕なのにかなり見た目が軽いので、そのへんだいぶ残念でした。

むしろ、同じような印象だったオベロンが再臨で滅茶苦茶カッコ良くなった前例があるので・・・鯖として実装してそういう掌返しさせて欲しいかも?w

アマノサカガミ

一応・・・真ボスってことになるんですかね??

少年漫画のバトル物で、最強ライバルチームの先鋒とか次鋒あたりに位置付けされそうなデザインですがw
なんかもう、強いのか弱いのか分かんないですが、結局は武市先生の三文字割腹で泣きわめいてた小物って事でおけ?

田中くんなら眉ひとつ動かさんのに、神さまであるコイツは泣きわめくとかww

けど逆にそのおかげで印象には残ってますけどね!

システムはどうだった?

今回もミッションイベント方式でしたが、本編のミッションとは別に「探偵ミッション」があって、それが結構色々と素材やなんやをくれて良い感じでしたね!

ただ正直・・・この探偵ミッションが運次第で偏ることもままあって、そうなると効率を考えたら逆に無駄になるパティーンもあったりなかったりだったので、結局は良し悪しだったかなぁという印象です(^_^;)

逆にそういう特性を巧く利用して、特定の素材だけを狩り続ける・・・みたいなやり方もあったみたいですけどね。

難易度はどうだった?

イベント参加条件が少し重たかったので、難易度もそれなり・・・かと思いきや、ブッチャケそんなに変わんなかった気がするんですがどうなんですかね?(^_^;)

高難易度クエストも難しいっちゃ難しかったかもですが、ドロップが美味しかったのもあって、手持ちが揃ってるマスターさん達は3Tでサクサク周回してたり?

まぁそこまでしなくても、開放された変則フリクエ自体がそれぞれ素材ドロップが結構美味しかったので、イベントの難易度は一応高め設定ではあったものの・・・実害ほぼなくてメリットのほうが大きかったと思います。

BGMはどうだった?

全体的に雰囲気に合ってて良かったと思います。

イベントのテーマソングは「伍越同舟」って曲名らしいですね。
爽やかでいて重厚さもある、かなり格好良い曲ですね!!

You Tubeの公式でも触り部分を聴けるみたいですので、一応ココでもあげておきますね!

『ぐだぐだ龍馬危機一髪!』全体の感想!まとめ

と、こんな感じでした。

全体的には今回のイベント・・・

かなり良かったです!(*´ω`*)

ストーリーは良かったですし、配布鯖である蘭丸もかなり良いですし、ドロップ素材含め報酬もかなり良かったですし。

・・・アレ?今回のイベントってば、ひょっとして「神イベ」だったのでは??w

管理人は後発組ゆえに、『ぐだぐだイベント』シリーズは『ファイナル本能寺』から参戦したので、それ以前のものは全く分かんないんですよね。。。

なので、初期勢の方々とは感じる想いが違ったかも知れませんが、それでもかなり面白かったです!

てか・・・『ハロウィンイベント』シリーズの『チェイテハロウィントリロジー』みたいに、ぐだぐだも総集編として以前のものをまとめてやって欲しい!!

配布のノッブ、茶々、龍馬を手に入れれる機会が欲しいッス!!
きっと来年・・・『ぐだぐだトリロジー』が開催されると思うので、首を長くして待っときますね!w

スポンサーリンク
このブログの中の人
往年のゆるゲーマー

昔は「スト2」「KOF」「VF」「鉄拳」などの格ゲー、今はソシャゲやPCゲーを主に遊んでる古参ゲーマーです。基本的に無~微課金でプレイしてるので、ヘビーユーザー寄りではなくライト・一般ユーザー目線で、実際にプレイしたゲームの感想や攻略など書いてます。
「銀髪」「褐色肌」「ジト目」が大好物ですが、ブッチャケ可愛ければ何でもアリアリアリアリアリッ!

カミカミ大王をフォローする
オレがアラフォーでゲーマーだとは誰も気づくまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました