【マブラヴ】Extra編全員のストーリーをクリアしたので、各キャラの攻略ルートと感想を書いてみる【Steam】

【マブラヴ】Extra編 Steam
この記事は約14分で読めます。

とりあえずExtra編を全員クリアしました!

界隈ではかなり評価の高いADVである【マブラヴ】、ようやくプレイしてとりあえずまずは先にExtra編を全キャラクリアしたので、その感想を述べていきます。

もうひとつのUnlimited編はまだ未プレイなので、そっちの感想はまた後日別記事にあげますね!

Extra編、各キャラの感想

攻略対象は「鑑純夏」「御剣冥夜」「珠瀬壬姫」「榊千鶴」「彩峰慧」の5人ですが、それにプラスして基本ストーリー(?)ってのが2種類あるで、合計で7通りのエンディングがあります。

ってことで、それぞれの感想を述べていきますね!

一応、各キャラの攻略ルートも記載しておきます。
基本的には下記の選択肢で行けると思います。

あ、あとバルジャーノンの戦闘シーンではどの選択肢を選んでもエンディングには関係っぽいので割愛してます。

鑑純夏ストーリー(Sumika End)の感想

純夏攻略ルート

10/21(日) 『1.楽しかったかな』
10/22(月) 『2.って、そうじゃなくて!』
10/23(火) 『1.純夏』『1.掃除をする』
10/24(水) 『1.純夏の弁当を食べる』『1.帰る』
10/25(木) 『1.純夏!』『1.純夏の弁当を食べる』『2.運動場に行く』
10/26(金) 『1.純夏の弁当を食べる』
10/27(土) 『1.純夏だな』『1.純夏』
10/29(月) 『1.付き合う』
10/30(火) 『2.考えさせてもらう』『1.一緒に帰る』『2.いいえ』
10/31(水) 『1.引き受ける』『2.純夏頑張れよ』
11/01(木) 『2.物理準備室に行く』『2.帰るか』
11/02(金) 『1.純夏達に付き合う』
11/03(土) 『1.純夏』
11/04(日) 『1.やっぱ純夏だろ』
11/07(水) 『3.車に乗る』
11/08(木) 『3.放課後まで待つ』
11/09(金) 『2.対策を考える』
11/26(月) 『2.純夏のでもいいか……』
11/30(金) 『2.歩いて帰ろう』
12/07(金) 『1.似合って……んじゃねーかな?』
12/15(土) 『2.本』
12/19(水) 『1.純夏の隣』
12/21(金) 『2.いや、いい』

純夏エンドの感想

良くも悪くも「王道オブ王道」って感じでしょうか?
ラブコメの鉄板の、いわゆる幼馴染系ヒロインなので、ストーリーの流れが分かりやすく、エンディングも納得感の高いものかと思います。

ただ・・・やはり、王道ゆえに展開(オチ)が読みやすく、そのへんの物足りない感はどうしてもありますね。

むしろ、純夏役の声優さんが結構巧い(イメージに合ってる)のと、「主人公と幼馴染」の関係性からくる台詞の掛け合いを楽しむのがベターかと思います。

あと、幼馴染ってことで、他キャラとのルートでも結構重要な立ち位置になるので、個人的にはむしろ自身のメインストーリーよりも、そういう場面の純夏のほうが好きになりますた(^_^;)

御剣冥夜ストーリー(Meiya End)の感想

冥夜攻略ルート

10/21(日) 『2.あのクソ犬許すまじ!』
10/22(月) 『1.満漢全席1人前プリーズ!』
10/23(火) 『2.冥夜』『1.掃除をする』
10/24(水) 『2.冥夜の弁当を食べる』『1.帰る』
10/25(木) 『2.冥夜頼む』『1.冥夜の弁当を食べる』『2.運動場に行く』
10/26(金) 『2.冥夜の弁当を食べる』
10/27(土) 『2.冥夜だな』『2.冥夜』
10/29(月) 『2.それはできない』
10/30(火) 『2.考えさせてもらう』『2.ひとりで考えたいことがある』『1.はい』
10/31(水) 『1.引き受ける』
11/01(木) 『2.物理準備室に行く』『2.帰るか』
11/02(金) 『1.純夏達に付き合う』
11/03(土) 『2.冥夜』
11/04(日) 『2.冥夜だな』
11/07(水) 『3.車に乗る』
11/08(木) 『3.放課後まで待つ』
11/09(金) 『2.対策を考える』
11/26(月) 『1.冥夜の言う通り、自分でやるかぁ……』
11/30(金) 『1.車に乗ろう』
12/07(金) 『2.中身以外は綺麗だな』
12/15(土) 『1.ぬいぐるみ』
12/19(水) 『2.冥夜の隣』
12/21(金) 『1.聞きたい』
12/23(日) 2.冥夜

冥夜エンドの感想

「王道オブ王道」その2w
ハーレム物には無くてはならない「意味分からんぐらいに大金持ちで常識や価値観が全く違うキャラ」なので、コチラも純夏とはまた違ったベクトルで読みやすいです。

ただ・・・あまりにも非現実的な設定なので(そのぶんギャグ多め?)そのへんは結構好みが分かれるかも?(^_^;)

個人的には、いくらラブコメと言ってもあまりに設定が現実離れしすぎてるのはあんまり・・・って感じなのでそこも気になるポイントでした。

あと、正直・・・声優さんが 下手 あまり巧くないのもマイナスかなぁと。

一般人とは価値観が違う、古風な喋り方っていうキャラ付けのためにああいう棒読み口調の一本調子の喋り方とも言えるかもですが・・・管理人としては普通に 下手 巧くないと感じました(´・ω・`)

キャラの造形(見た目だけでなく内面的なものも含めて)的には良いですし、むしろこの子本人のストーリーよりも、他の子のストーリーで出てきた時の言動なんかはかなり魅力的なのもあって、ホント・・・もう少しシッカリ演技できる人がやってれば・・・て凄く感じました。

・・・もしこの担当声優さんのファンが居たらゴメンナサイ!

珠瀬壬姫ストーリー(Miki End)の感想

たま攻略ルート

10/21(日) 『2.あのクソ犬許すまじ!』
10/22(月) 『2.って、そうじゃなくて!』
10/23(火) 『3.無理して両方』『2.逃げる』『2.学校裏手』
10/24(水) 『1.純夏の弁当を食べる』『2.学校裏手に行く』
10/25(木) 『3.たまでも何とか……』『2.たまを追いかける』『1.弓道場に行く』
10/26(金) 『3.たまの弁当を食べる』
10/27(土) 『1.たまだな』『1.たま』
10/29(月) 『2.それはできない』
10/30(火) 『2.考えさせてもらう』『1.一緒に帰る』『2.いいえ』
10/31(水) 『1.引き受ける』『1.純夏替われ』
11/01(木) 『1.屋上に行く』『2.帰るか』
11/02(金) 『2.たまと帰る』
11/03(土) 『3.壬姫』
11/04(日) 『3.たまが心配だ』『1.たまの家に行く』
11/06(火) 『1.一緒に頑張ろうぜ!』
11/09(金) 『1.思いきって声をかけよう』

たまエンドの感想

この子は見た目に反してスポ根系ストーリー?
なんせ、「自分に打ち克つためには・・・」みたいなストーリー展開なので、人によっては感動するんじゃないかと思います。

・・・ま、濃ゆいキャラが出てくるのでギャグ成分多めですがw

ただ・・・主人公を好きになる動機が他キャラに比べると弱いかなぁと。
むしろこういう舞台設定ならば、主将のほうと恋愛関係になるのが普通なんじゃないかな~って気がしました。

まぁそんなこと言ってたらゲームとして成り立たないですが(;´∀`)

あ、キャラ的にはこういうロリ・・・もとい、マスコット系キャラは結構好きです(゚∀゚)
担当声優さんも巧かったですしね。

榊千鶴ストーリー(Chizuru End)の感想

委員長攻略ルート

10/21(日) 『2.あのクソ犬許すまじ!』
10/22(月) 『2.ってそうじゃなくて!』
10/23(火) 『4.大ダッシュ!』『2.一応学食行ってみる?』『1.掃除をする』
10/24(水) 『3.逃亡する』『3.中庭』『3.ブラブラする』
10/25(木) 『2.冥夜頼む』『1.冥夜の弁当を食べる』『2.運動場に行く』
10/26(金) 『2.冥夜の弁当を食べる』
10/27(土) 『4.委員長だな』『2.委員長』
10/29(月) 『2.それはできない』
10/30(火) 『1.引き受ける』『2.ひとりで考えたいことがある』『2.いいえ』
11/01(木) 『1.屋上に行く』『1.先に帰ってていいぞ』
11/02(金) 『2.委員長と帰る』
11/03(土) 『4.千鶴』
11/04(日) 『4.委員長と彩峰に決まってる!』
11/07(水) 『1.榊を送る』
11/08(木) 『1.委員長を呼ぶ』
11/09(金) 『1.何もしない』
11/13(火) 『1.言えない』

委員長エンドの感想

この子はストーリーが上記の子らと比べるとかなり重たいです。。。
ヒロイン2人(純夏と冥夜)の時に出てくる『委員長』と、自身がメインになったときの立ち位置のギャップが凄い(;´∀`)

てか、ストーリー終盤で管理人は普通に泣きました。。。

なんというか・・・だいぶ昔に流行った携帯ガールズ小説によくあったような設定なので、ベタな展開ではありますし、途中までは正直「この子の性格チョーめんどくせぇ!」って思ったりしたんですが、終盤の怒涛(ってほどでもないですが)の展開でヤラレましたね。

なのでブッチャケこの子のストーリーが一番良かったです。
多分、単純なボリュームも一番多かったんじゃないかな??

あ、あと、ここでの純夏がかなり良い味だしてて、幼馴染めだからこその切なさがあって良かったってたってのと・・・涼宮さんがマジ凄かった!w

担当声優さんは可もなく不可もなく普通かなぁ・・・って感じでしたが、デレてからは一気に可愛くなりました(*´ω`*)

ちなみに・・・見た目で言えば管理人はこの子がストライクです!(メガネっ娘、太眉っ子好き)

彩峰慧ストーリー(Kei End)の感想

彩峰攻略ルート

10/21(日) 『2.あのクソ犬許すまじ!』
10/22(月) 『2.ってそうじゃなくて!』
10/23(火) 『4.大ダッシュ!』『1.屋上でも行くか?』『2.逃げる』『2.学校裏手』
10/24(水) 『3.逃亡する』『1.屋上』『1.帰る』
10/25(木) 『4.ここは一発彩峰に……』『3.両方食べる』『1.屋上』『2.運動場に行く』
10/26(金) 『1.純夏の弁当を食べる』
10/27(土) 『5.彩峰だな』『5.彩峰』
10/29(月) 『2.それはできない』
10/30(火) 『2.考えさせてもらう』『2.ひとりで考えたい事がある』『2.いいえ』
10/31(水) 『1.引き受ける』
11/01(木) 『1.屋上に行く』『1.先に帰ってていいぞ』
11/02(金) 『4.彩峰の後を追いかける』
11/03(土) 『5.彩峰』
11/04(日) 『4.委員長と彩峰に決まってる!』
11/07(水) 『2.彩峰に追いつく』
11/08(木) 『2.彩峰を探しに行く』
11/09(金) 『1.何もしない』
11/12(月) 『1.やる』

彩峰エンドの感想

いわゆる ”不思議ちゃん” 系キャラってことになるんですかね?
委員長と対になってるキャラなので、ストーリーの大枠は委員長と同じ流れで進んでいきます。
なので話自体も結構長いです。

本人のキャラ設定もあってか委員長ルートよりは若干ギャグ要素多め?
けど委員長のストーリーとはまた違う感じで少し重たいですね。。。

正直、こういうキャラ設定の子が一体どういうキッカケで主人公に恋心を抱くようになるのか?ってのが気になるトコロでしたが、ちょっとその理由付けが弱かったかなぁと。
それは主人公も同じで、正直「そこまで彩峰を好きになる理由なくね??」って思っちゃいました(;´∀`)

むしろ、このストーリーでの冥夜と委員長の立ち位置が絶妙で、本人のストーリーよりもココでの立ち回りのほうが好感が持てる(特に冥夜)って人も多そうな気がします。
・・・委員長のちょっとした言動が切ない。。。(´・ω・`)

ちなみに・・・この子も委員長と同じく、デレてからメチャクチャ可愛くなります(*´ω`*)
てか、ブッチャケ個人的には一番可愛かったです!w

あと、感情をあまり表に出さないキャラなので演技が難しいと思うんですが、声優さんは巧かったので特に変な「コレジャナイ」感はなかったです。

基本ストーリー1 (Common End1) の感想

日常1攻略ルート(まりもルートも内包してます)

10/21(日) 『2.あのクソ犬許すまじ!』
10/22(月) 『2.って、そうじゃなくて!』
10/23(火) 『4.大ダッシュ!』『2.一応学食行ってみる?』『1.掃除する』
10/24(水) 『3.逃亡する』『2.物理準備室』『1.帰る』
10/25(木) 『3.たまでも何とか……』『3.両方食べる』『物理準備室』『1.運動場に行く』
10/26(金) 『2.冥夜の弁当を食べる』
10/27(土) 『5.彩峰だな』『4.委員長』
10/29(月) 『2.それはできない』
10/30(火) 『2.考えさせてもらう』『2.ひとりで考えたいことがある』『2.いいえ』
10/31(水) 『1.引き受ける』
11/01(木) 『2.物理準備室へ行く』『2.帰るか』
11/02(金) 『1.純夏達に付き合う』
11/03(土) 『5.彩峰』
11/04(日) 『4.委員長と彩峰に決まってる!』
11/07(水) 『3.車に乗る』
11/08(木) 『2.放課後まで待つ』
11/09(金) 『1.何もしない』※ここで『2.対策を考える』を選ぶとまりも先生ルートにいけます!

※神宮寺まりもルート
11/26(月) 『2.純夏のでもいいか……』
11/30(金) 『1.車に乗ろう』
12/07(金) 『2.中身以外は綺麗だな』
12/15(土) 『3.ゲーム』
12/19(水) 『3.まりもの隣』『1.まりもちゃんを抱きかかえる』
※以降の選択肢はどれ選んでも純夏エンドになります。

日常1エンドの感想

コレは一応、尊人エンドってことになるんですかね??(^_^;)
設定的にかなりギャグ要素強めなキャラで、冥夜と同じくあまりにも非現実的なキャラではあるんですが、こっちはもう ”振り切ってる” んで普通に面白いですw

このルートだと結局尊人はどういう子かよく分かんないですが、他の子のルートではチョイチョイその正体?というか、プレイヤーが絶対に勘ぐってるはずであろうあの事も「やっぱ絶対そうだろ!?」って気付けるんで、順番的にはこのルートのエンディングを最初に見るのが良いんじゃないですかね?

・・・知らんけどw

ちなみに・・・まりも先生ルートはエンディングは残念ながらまりも先生にはならないです(;´∀`)
単にCG回収でギャラリー埋めるためのものなんですかね?

まりもルート、Steamだと全年齢版なので物足りないです。。。
「狂犬」の痴態を見たかった!ww

基本ストーリー2(Common End2)の感想

日常2攻略ルート

10/21(日) 『2.あのクソ犬許すまじ!』
10/22(月) 『2.って、そうじゃなくて!』
10/23(火) 『4.大ダッシュ!』『2.一応学食行ってみる?』『1.掃除する』
10/24(水) 『3.逃亡する』『2.物理準備室』『1.帰る』
10/25(木) 『3.たまでも何とか……』『3.両方食べる』『物理準備室』『1.運動場に行く』
10/26(金) 『2.冥夜の弁当を食べる』
10/27(土) 『5.彩峰だな』『4.委員長』
10/29(月) 『2.それはできない』
10/30(火) 『2.考えさせてもらう』『2.ひとりで考えたいことがある』『2.いいえ』
10/31(水) 『1.引き受ける』
11/01(木) 『2.物理準備室へ行く』『2.帰るか』
11/02(金) 『2.たまと帰る』
11/03(土) 『3.壬姫』
11/04(日) 『3.たまが心配だ』『1.たまの家へ行く』

日常2エンドの感想

コレはヒロインの誰ともくっつかなかった場合のストーリーですね。
ラクロスの試合で終わります(^_^;)

いわゆる「俺達の戦いはこれからだ!」みたいなエンディングですw

なので一番アッサリさくっと終わります(苦笑)内容的には当然ながら一番ツマラナイですw

【マブラヴ】Extra編ストーリー感想 まとめ

って感じで、個人的な感想でした!
ちなみに、管理人がクリアした順番は

日常1 → たま → 純夏 → 冥夜 → 委員長 → 彩峰 → 日常2

でした。
これは最初っからこの順番で行こうと決めていたわけでなく、深く考えずにプレイし始めたんで単なる偶然ですが・・・ストーリーを楽しむためにも「純夏 → 冥夜」「委員長 → 彩峰」の順番はこの通りのほうが良さそうですね(^_^;)

上記でも少し触れた通り、基本的には「純夏と冥夜」「委員長と彩峰」が対になっていて、前者はコメディ寄りでいわゆる ”ラブコメ” で、後者はリアル寄りって感じです。

純夏と冥夜のほうは普通に今でもよく見かけるような内容なので、このまま漫画やアニメになっても全然普通にありそうです。

委員長と彩峰のほうは、どっちかって~と恋愛ドラマの原作なんかにありそうな感じ?

委員長とか彩峰のような女の子は「リアルに居てそう感」が強いので、そういう子と恋愛した経験がある人には、結構そういう意味でも感情移入しやすいかと思います。
・・・ま、だからこそ管理人はストーリー読んでて泣けちゃったわけですが(;´∀`)

それもあって、個人的にオヌヌメなのは委員長ルートと彩峰ルートですかね。
純夏と冥夜も普通に面白くてエエんすけどね(^_^;)

なんにせよ、全体的に普通に面白くて、このゲームが評判良いのも頷ける内容だったんで、素直に「プレイして良かった」って感じました!

リリースからもう15年ほどたってるせいもあって、正直、文章としてもグラフィックにしても表現的にちょっと古臭かったり、若干クドい台詞まわしもあるのは否めないですが・・・それでも普通に面白かったです。

ただ・・・最近の「サクッと終わるゲーム」に慣れていると、結構長い(ボリュームがある)ので、上記のような部分が地味にシンドイと感じる人も多いかもしれません(^_^;)

プレイ自体は「オートスキップ」「オートリード」があるので快適ではあるんですが、想像以上のボリュームだったんで、管理人はExtra編全クリだけに50時間ぐらいかかっちゃいました。。。

さらにココからUnlimited編もあるかと思うと、嬉しいやらシンドイやら(苦笑)
てか、 Unlimited編までプレイし終えればさらにマブラヴの全体像が見えて面白さも引き立つような感じなんですかね?

総評としては「プレイして損はないけど、時間のない人やせっかちな人にはシンドイかも?」ってトコロかな?
ちょうど今、マブラヴのアニメ(『マブラヴ オルタネイティヴ』)も放送してますし、その予習・復習としてプレイしておくのも悪くないかもしれませんね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました