【FGO】待ちに待った第2部第6章が開幕でテンション上がる!!【妖精円卓領域アヴァロン・ル・フェ#1】

【FGO】第2部第6章 ゴルドルフ・ムジーク FGO
この記事は約3分で読めます。

第2部第6章ついに開幕ッッ!!

全FGOユーザー(言い過ぎ?)が待ち望んだストーリーの続きがついに公開されましたね!


今回は事前の情報通り「妖精の住まうアヴァロンが舞台」ってことで、その関係者であるマーリンや、タイトルにある「円卓」の文字からキャメロット関連のキャラが色々と出てくるのでは?と噂されてましたが・・・同時実装されたガチャにてモルガンと、ランスロットとトリスタンの女体化キャラが出てくることが判明し、かなり期待値が高まったと思います。

舞台は妖精の国、倒すべき敵はベリル・ガット!

妖精の国が舞台、しかも厳密にはもう空想樹は関係ない状況という・・・ブッチャケもうこれ

ベリル・ガットを倒す物語

みたいな感じになるんじゃないかと思うんですがどうなんですかね?(^_^;)

なんというか・・・あからさまに悪役ムーブしてるベリル・ガットは、個人的にはどうも裏になにかもっと壮大な理由なり動機がありそうな気がするんですが、そのへんはストーリー進めていけばおいおい分かってくるんでしょうね!

ピックアップガチャはモルガン様と妖精騎士!

新章突入と同時に実装されたピックアップガチャは、ラスボス(?)のモルガンと、その配下である妖精騎士ガウェインとトリスタン!

高レア全体宝具バーサーカー未所持(てかそもそも☆5狂未所持。。。)の管理人としては、モルガン様はかなり欲しい!!
他の2人は正直そこまで・・・って感じでどっちが出てもそんなに変わらん!という心境だったんで、早速引いてみました!

その結果は別記事にて書いてるので良ければドーゾ(゚∀゚)

とりあえず第5節までクリアした感想

そんなこんなで、とりあえず第5節まで進んだんですが・・・

メッチャ面白いやん!(*´∀`)

序盤から「え?マジで」な状況になりつつ、出てくるキャラそれぞれの魅力も引き立てつつ、時にはシリアス、時にはギャグと緩急のあるシナリオで、マジで止め時が見つからないィィ!ww

そうそうこれですよこれ!これこそこのFGOのイメージ!(゚∀゚)

管理人は他ゲーも色々やってるんですが、やっぱFGOといえばシナリオ!読み応えがあったり、ギャグで笑わせてくれたり、色んな考察(妄想?)を掻き立てられる伏線が張ってあったり・・・。

あと大事なのは、キャラが生き生きしてるってことでしょうか?
ちゃんと文章で「そのキャラはどういう性格で、今どういう心境なのか?」とか「こういう状況になってて、それが今後はこうなりそうだから今このひとはこういう事してるんだ」ってのが分かるようになってるのは・・・ホント良く出来てると思います。

正直、ゲームシステムの面で言えばブッチャケもうだいぶ古いと言わざるを得ないですが、やはりシナリオはグンバツに良いですよね!!

あとね、なにげにいつもその章に合わせたBGMがありますけど・・・コレもまた良い!!
今回のBGMも爽やかでいて世界観の広がりを感じさせるような曲調で、ホント「妖精の国」っていうイメージに合ってて良いと思います(´∀`)

さてさて・・・これから先どうなっていくのか?
早く先を知りたくてもっとガシガシ進めたい!っていう反面、少しずつプレイしないと勿体ない!っていう気持ちもあってモドカシイ!ww

色んな複雑な感情をいだきつつ、ストーリーを楽しんでいこうと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました