【FGO】「スーパーリコレクションクエスト」攻略記事はココをクリック!
FGO

【FGO】イベント全体の感想!【南溟夕張八犬伝#3】

【FGO】『南溟夕張八犬伝』感想 FGO
この記事は約15分で読めます。

『南溟夕張八犬伝』お疲れ様でした!

どうも!ブログ管理人のカミカミ大王(@kamikamichannel)です。

【FGO】2022年6月末から始まったイベント『南溟夕張八犬伝』、実際にはまだこの記事を書いてる時点では開催期間中なので終わってないんですが、もうコレ以降に追加要素も無さそうなので、ちょっと早いですがイベントの感想など述べていきます。

読む人やタイミングによってはネタバレになりますので、その辺をご了承のうえで読み進めてくださいね!

『南溟夕張八犬伝』イベント全体の感想

それでは今回もいつものように、各項目別に感想や雑感をあげていきます。

最初に断っておきますが、いつもと同じくコレはあくまで管理人の個人的な感想です。
ブログの趣旨として、思ったこと・感じたことを忖度なく書いていますので、そのあたりご了承のうえで読み進めてくださいね。

ちなみに・・・開催直後のザックリとした感想は別記事にあげてますので、読み比べていただければイベント開始時と終了時の印象の変化などを感じられるかと(^_^;)

ストーリーはどうだった?

まぁ良くも悪くも可もなく不可もなく・・・といった感じでしたかね?

テキストとしてはあまり癖がなく、結構アッサリした感じで読みやすかったかなぁと思いますし、所々でエモい演出もあったのは良かったんじゃないでしょうか?

少なくとも、前回のイベントである『まんわかコラボ』に比べたら全然良かったですね!

・・・まぁ、アレと比べたら全部よく見えちゃいますけどwww

ただ、正直「良くもなかった」というのが率直な感想です。

というのも・・・

てかコレ、「八犬伝」モチーフにした意味、別になくね?

ってぐらいに、ただ単に曲亭馬琴をサーヴァントとして実装したいがための舞台装置にしかなってなかった印象なんですよね。

原作の八犬伝をリスペクト・・・とまでは言わないまでも、もうちょい「それを題材にした意味のある物語」にして欲しかったかなぁと。

「椿説弓張月」のほうもブッチャケ、『トラオム』でメチャクチャ印象深かった源為朝を実装するための関連逸話としてモチーフにされただけっぽいですし、そこに同じ原作者の作品として八犬伝も混ぜられたんだろうとは思いますが、それにしてはもうちょいそれっぽい関わりを持たせて欲しかったです。

八犬士も、原作ではそれぞれに色んな細かい逸話(設定)や個性があって、一人ひとりがサーヴァントとして実装されてもおかしくないぐらいに魅力的なんですが、このイベントでは単なる犬(厳密にはただのイッヌではないけどw)扱いで、そこそこメインに絡んできたのはソウスケだけという寂しさ。。。

ビジュアル的にはみんな可愛くて良いんですけど、原作好きな方にしてみれば・・・結局は次の島に移動するため(ゲーム的には素材掘ってくるためだけ)の便利アイテム扱いなのは悲しいと感じてる人も多いんじゃないですかねぇ?

あと、細かい部分で気になった点としては、ご都合主義なのは今に始まったことではないので置いといて、ストーリー中に矛盾点(馬琴はお路の目で見たものは感じ取れてるはずなのに北斎…てかお栄さんととと様の関係を聞いてビックリしてたり)があったり、八房や伏姫の逸話の説明が不十分だったんで、原作の「南総里見八犬伝」を知らないと、馬琴のラストバトル時のあの姿(最終再臨絵?)に「??」なんじゃないかと思うんですけど・・・どうなんですかね?

それに、そもそもの馬琴の動機が正直ちょっと弱いと思いますし、そこに同調してしまう為朝も「てか、お前そういうチョロいキャラなの??」って感じでちょっと見た目とキャラ設定の齟齬が生まれてる気もします。

『トラオム』でのあの「トンデモナイ強鯖感」が台無しになってたというか。。。

FGOのシナリオでメチャクチャありがちなんですが、その鯖の強さや偉大さ、怖さを表現するのに、下手に文章のみで語らせてしまうってのが今回もありましたね。

特に、いわゆる解説キャラであるロリンチがよくやるパターンですが、今回はそれを北斎がやってた感じで、そういうのって個人的には「いや、周りの連中がアイツは凄い!とか強い!とか言うだけでなく、なんかしらの演出で見せる(魅せる)べきでは?」と思うんですよね。

まぁテキストだけでそれを表現できるんなら別に全然それでも良いんですが・・・残念ながら今回はそこまで魅力的な文章ではなかった(読みやすくはあったけど)ですし(^_^;)

あと、カルデア防衛チームと現地の主人公チームで結構、危機感に対して温度差があったのは正直ちょっと冷めちゃいましたね。

ロリンチちゃんは必死にカルデアを守るために戦ってるってのは伝わったんですが、現地の方はなんだかんだで呑気に見えて、「いや、てか君らもっとシャカリキに頑張らないと帰るトコなくなっちゃうぐらいのピンチなんでしょ!!」って感じ(-_-)

全編通してピリピリとした緊張感がないと駄目って訳では無いですが・・・結構この温度差が激しかったので、ちょっと違和感というか、シナリオへの没入感をそこなってた印象です。

エピローグはまぁまぁ良い雰囲気では有りました(特にゴッフさん出てくるとこのくだり)けどね。

なので、正直言って「ストーリーとしては並以下。だけど読み物として苦痛ではないのでまぁ普通かなぁ」という評価になっちゃいますかねぇ。

ちなみに・・・何度も引き合いに出してアレですが、『まんわかコラボ』は「ストーリー最悪!かつ、読み物としても非常に読みづらくて苦痛、てか苦行レベルだった」って感じです(苦笑)

ストーリー通して色んな鯖にスポットが当たって、それぞれに見せ場があったのは良いんですけどね!
・・・ただまぁ、それは別の側面から見るとマイナスになってしまってるのでなんとも言えない部分でもありますが(詳しくは後述)

キャラクターはどうだった?

今回メインどころは曲亭馬琴、源為朝、葛飾北斎、岡田以蔵・・・って感じですかね?
それぞれの印象をあげていきます。

曲亭馬琴

今回のイベントの発端であり黒幕でしたね。
まぁFGOのイベントではよくあるパターンなので、早い段階で「きっとそうだろ」と思ってた人も多かったんじゃないでしょうか?w

上記でも少し触れましたけど、やっぱりちょっと今回の事件の発端としては動機が弱い気がするんですよね。

まぁ他人事なのでそう感じてるだけで、実際に自分が馬琴の立場だったら同じことしないとは言い切れないですが・・・今までのメインストーリーや各種イベントなんかと比べると、やっぱどうしても「そこまで殺る気になるかな?」と思うのと、もしそこまで思い悩むのならば「他に何かしらの手段を考えないのかな?」みたいな所もあるし、カルデアを本気(?)で殺りに来てたわりには結構アッサリ自分の非を認めてたりってのが単純に気になってしまって・・・イマイチ好きになれませんでした。

本来はもっと細かい心理描写する予定だったのに、視聴率取れなくて打ち切りになって尺の都合であまり深掘りできなかった・・・みたいな、アニメとかでよくある制作側の苦渋の決断って感じでこうなってしまったのかもですがw

キャラのビジュアル的には好き(和鯖は基本的に好物ですw)なんですが、性格設定が微妙に好きになれないのと、声(というか演技)に正直イマイチ感があって、ガチャでお迎えしようとまでは思いませんでした。

アイテム交換所の小唄はメチャクチャ可愛いとは思いますし、「テヘペロ顔」とかもかなり良いんですけどね~(^_^;)

源為朝

『トラオム』でメチャクチャ印象に残る登場の仕方して、今年実装鯖のシルエットにも入ってたのもあって、関連ストーリーになる今回はイベント開始前からかなり話題になってましたね!

宝具演出も某ガンダムXみたいでメチャ格好良いですし、とにかくなんせ格好良いの塊!みたいなサーヴァントでしたね。

そうかと思えば、ストーリー後半のビジュアルにはイッヌと戯れる姿があったりで・・・かなり魅力的な鯖だと思います。

【FGO】『南溟夕張八犬伝』源為朝と八犬士

ただこのキャラも上記で触れたように、カルデアに対して(というか馬琴の心境に対して?)「いや、そこまでするかなぁ~?」っていうのが正直な印象。。。
個人的には、もっと色んな方向性を包括して、豪放磊落なキャラに振り切って貰いたかったかなぁ・・・(´・ω・`)

あと、ゲーム的にはディレクターのカノウさんの発言が物議を醸したのもアレでしたかね?
ニホンゴッテムズカシイネ!w

性能で見ればかなり強いのは確かなんですが、ブッチャケ自分で使うよりも「コレ完全に ”敵で出てきたらメンドクサイ系” な奴じゃん!」って感じ?(;´∀`)

案の定、ストーリー後半に出てきた時は、イベントのバトルにしてはかなり難易度高めでした。
まぁ今回のイベントの難易度全般に関しては後述しますが。

個人的にはガンダム好きですし、☆5全体アーチャーは弊カルデアには宝具レベル1のギル様しか居ないので、欲しいっちゃ欲しかったんですが・・・恒常なのでスリ抜けて引ける可能性が無いことはないのと、水着&周年が控えてる今のこのタイミングではそもそもあまり追っかけられないので、泣く泣くスルーしました(ToT)

言うても、アーチャークラスは今までもギル様と☆4全体弓のアタランテ(宝具3)、ゼノビア(宝具1)、そして☆1ながら高火力なステラさんで特に困ることもなかったんで、「まぁそのうちスリ抜けで来てくれたら良いや」って感じです(^_^;)

葛飾北斎

今回もうひとりの主役と言ってもいいぐらいに出番多かったですよね!
にもかかわらず・・・

強化無しってイミワカラナイ。。。

水着アビーもそうでしたけど、明らかに強化すべきタイミングでスルーされるのって、マジでなんなんですかねぇ?┐(´д`)┌

管理人は北斎未所持なので欲しかったんですが、強化無しなのでスルー決定しました。。。
強化が来てた OR このタイミングじゃなければ引いてたと思います。

てか・・・北斎はいつも復刻タイミング悪くて、未だに毎回のピックアップガチャ回してすら無い気がする(;´∀`)

ストーリー的には一応、出番は多かったんですが・・・説明・解説役みたいな感じだったんで、ブッチャケあんまり印象に残ってないです。

岡田以蔵

今回、なんだかんだで最初から最後まで美味しい役どころだったのはダーオカですよね。
特にお路っちゃんに対しての気遣いとか、マスターに対しての自分の立ち位置の意識とかが、単純に格好良かったんじゃないかと思います。

ただ・・・コレはもう完全に個人的に思うんですが、なにかにつけてイゾーさんって運営に贔屓されてる感じが凄くないですかね?

なんやかんやとイベントに出演する頻度高いし、霊衣も恵まれてるし、なんなら性能的にも今回強化されたことでさらにかなり盛られてますし。。。

管理人は天邪鬼なので、こういう明らかに運営に愛されてると感じるキャラって、逆にあんま好きになれないんですよね。。。

好きな人が多い鯖ってのは知ってますし、好きになる要素が多いキャラってのも理解できるんですが・・・正直、「いやもっと他の鯖にも出番与えたげてよ」とか「他にもっと強化すべき鯖居るじゃん!(特に今回はメインだった北斎が未強化ってのは流石にちょっと・・・)」って思うんですよね~(-_-)

イゾーさん自身は確かに格好良いし、推しの人が多いのも頷ける部分ではあるんですけどね。。。

キャラ設定的に運営としても色々と使いやすいから出番が多いんでしょうけど、どうしてもそれを素直に見れないというか、もっとブッチャケて言えば「女性人気が高い鯖の筆頭とも言えるので、女性ユーザーに媚びるための存在」だからこそなにかと優遇された扱い受けてるんじゃないの?っていう邪推しちゃうんですよ。

改めて言いますが、イゾーさん自身は格好良いと思いますし、推しの人をどうこう言うつもりはないです。
ただ、運営の扱いがかなり特別感あって、そこに不公平感があるのがね。。。

たぶんこの気持ちって、「なにかと特別(ヒロイン)扱いされるからマシュは嫌い」と言ってる人と同じなんでしょうね(自分の中ではマシュは特に嫌いじゃないです)

その他の面々

この他、同行したバゲ子は相変わらず可愛かったですし、”孤狼” って感じだったはずのロボが妙に優しくなってる(八犬士に感化された?)のに少し違和感があったのはともかく、ジェスチャーで会話するヘシアンはなにげに可愛かったですw

他にも、同行できなかった牛若や、カルデア防衛任務についた各アーチャーたちも一応見せ場があって良かったですね。

特に・・・推鯖の1人である巴さんがカルデア防衛チームとして出てきたり、イシュタルとエミヤの共闘シーンは台詞がかなりエモくて良かったです(*´∀`)

【FGO】『南溟夕張八犬伝』巴さん宝具
【FGO】『南溟夕張八犬伝』イシュタル&エミヤ共闘

システム的にはどうだった?

いつものポイント集めてアイテム交換なのは変わらずでしたが、今回は八犬士を遠征に出すことで、その遠征先に応じた素材やQPなんかを獲得できるシステムが導入されていましたね!

【FGO】『南溟夕張八犬伝』遠征

八犬士それぞれに得意な遠征先があって、その相性を合わせると戻ってくるまでの時間が短縮されるということで・・・管理人は下記のような配置で遠征してました!

  • ソウスケ・・・鎖(6時間)
  • シノ・・・杭(6時間)
  • ドウセツ・・・種火(6時間)
  • コブンゴ・・・勾玉(9時間)
  • ダイカク・・・霊子(9時間)
  • ゲンパチ・・・QP(6時間)
  • ケノ・・・髄液(6時間)
  • シンベエ・・・種(9時間)

人によって欲しい素材は違うかと思いますが、種火とQPはマストだと思うのでコレはかなり有り難かったですね!

個人的には「種」「八連双晶」「ホムベビ」「精霊根」が常に枯渇してるので、これらをガッツリ回収できたら良かったんですけどねぇ(;´∀`)

難易度はどうだった?

コレはイベントとしては結構久々に普通に難易度高かったんじゃないかと思います。

特に、ストーリーの節目になるバトルは基本的に「サポ枠固定」だったのもあって、その鯖を所持してるマスターさんにとっては扱い方に慣れてるぶんマシだったかもですが、そうじゃないと初見では結構負けがちだったかも?(;´∀`)

特に初っ端のゴリオン単騎のバトルが一番キツイと感じる人多いかも?
あと、ビリー&ジェーンのバトルも地味に難しかったような・・・。

為朝と馬琴は、まぁ言うてボス敵なので若干難しめでも良いっちゃ良いかもですが(自前の鯖が使えるぶん全然マシだしね)、編成固定はカード運もかなり影響するので、それで余計に難易度上がってしまう感じ。

ストーリー的に、現地で頑張ってる主人公チームと、カルデア防衛チームの両サイドを描く必要があったおかげで、編成固定でのバトルが必然になってしまってたんだとは思いますが、色んな鯖にスポット当たるのは良いことではあるのに、それをゲームシステムが邪魔をしてるのは皮肉なもんですね(;´∀`)

いつも言ってますが、個人的にはストーリー中のバトルは難易度低めでいいと思うんですけどね。
FGOって、なんだかんだでストーリーを楽しむために遊んでる人が多いと思うので、お話を読みたいのに先に進めない(しかも固定編成とかカード運などの運ゲー要素で邪魔される)ってのは、かなりのストレス要因になってしまうので(-_-)

てか、最近の難易度調整がほぼ毎回「弱体無効」「強化解除」に頼ってる感が凄いんですが。。。

コレって、敵に「弱体無効」が多くなってきたのは明らかにジュナオの所持率が上がった影響(管理人は未所持ですがw)でしょうし、「強化解除」は同じくキャストリアの影響ですよね?

完全にコレ「ソシャゲあるある」の、イタチごっこの典型なんですよね。。。

そういうのもあって旧キャラの強化内容を考えるのに頭を捻らないと駄目なことが増えて、遅々として進まない事に影響してるんでしょうね。
ユーザーとしてはもっとドンドン鯖の強化やっていって欲しいと思ってる人多いんですけどねぇ・・・。

鯖がかなり色々と増えて、難易度調整もメチャクチャ大変なのも分かるんですが、運営にはもうちょいゲームバランス考えて欲しいかなぁと(;´∀`)

ま、運営も商売としてやってる以上、難しい部分ではあるかと思いますけどね。

BGMはどうだった?

舞台が日の本の国ってことで、全体的にアジアンチックというか和風っぽい曲が多かったですね。
てかコレ・・・既存の曲でしたっけ??

みんなもっともよく聞いたであろう、変則フリクエのBGMと、アイテム交換所のBGMはモロに和風な感じで、個人的にはだいぶ好みです。

いうても・・・マップがないのでクエストバナーに入ってもいつもの通常BGMが流れてることもあって、あまりイベントらしさは無かったかも?(;´∀`)

『南溟夕張八犬伝』イベント全体の感想 まとめ

ってことで、イベントの全体的な感想でした。

システムとしては八犬士の遠征が結構地味に良かったんですが、肝心のシナリオはかなり薄味で、登場キャラクターも正直そこまで・・・って感じだった(あくまで個人的には…です)のもあって、総評としては

正直、微妙寄りの普通だった

という感想になります。

事前段階では一応予想はされてたけど確定的ではなかった馬琴はともかくとして、ほぼ確定でメチャクチャ期待されていた為朝も、蓋を開けてみればストーリー的にそこまで魅力的に見えなかった(ゲーム的にはかなり強いんで魅力はありますが)のもあり、個人的には「ちょっと自分の中で勝手に期待値のハードル上げすぎてしまってたかなぁ」という感じでした。

たぶん、事前にそこまで期待していなかったら、今回のイベントはだいぶ受ける印象が変わってたんじゃないかと思います。

コレはまぁ・・・前回のイベントの『まんわかコラボ』もそんな感じでしたけどね(^_^;)

その前のイベントの『水怪クライシス』は、結構その辺の塩梅が巧くいってたと感じてたんで、だからこそ多くのユーザーの満足度も高かったんじゃないかと思います。

↑この時の配布鯖である太歳星君は今回の高難易度クエでも大活躍するほどのスペックありますし、ストーリーと配布鯖の両方が好印象でしたね。

まぁブッチャケ・・・夏イベや周年イベ(鯖)の直前のイベントなので、運営的にもそもそもコッチにそんなにリソースさけれてないんだろうな~って気もしますし、そう考えるとまぁ及第点ではあるのかな?(^_^;)

それにしたって・・・北斎の強化が全くないのは流石に度し難いですが(-_-)

あと今回のガチャって3種類も同時に開催されてるのに、星5以外は全て同じピックアップ(星4はヘシアン・ロボ、星3はイゾーさん)で、引くメリットが相対的に薄くなってたのも良くなかったですよね。。。

管理人はイゾーさんのこと特に好きでもなんでも無い(魅力的な鯖だ!ってのは分かりますが)ですし、ロボはすでにもう宝具マなので被ってもそんなにイラナイという状況だったので、今回のガチャは副産物に期待を持てなかったのもありかなり引きづらかったんですよね(なので結局引いてないし)

たぶん同じような感じで、ガチャ意欲削がれた人も少なくないのでは?と思うんですが・・・どうなんでしょ?

まぁロボ OR イゾーさんのアペンド全部開けたいとか、レベル120目指すってんなら絶好のチャンスではあるんで、そういう人にとってはかなり美味しかったんでしょうけどね(^_^;)

なので、ガチャのピックアップ内容ももう少しバリエーション良ければ、もっとガンガン引く人増えたんじゃないかな~って思います。
例えば・・・為朝は単独PUで、北斎はバゲ子とペアのPUだったりしたら、管理人もたぶん普通に引いてたと思います。

てか、なんか最近(でもないか?)の運営さんはガチャのタイミングというか、ピックアップの組み合わせが微妙で、結構お客さんを取りこぼしてる感あるんですけど・・・売上的には大丈夫なんですかね?(^_^;)

まぁコレは逆に言えば、水着や周年まで石を温存しとけよ!っていうメッセージなのかもですがww

なんにせよ皆様お疲れ様でした!!

次はいよいよ夏イベ(水着鯖)でしょうか?
それとも・・・周年記念?

どっちにしても、運営の本気度が分かるイベントなりサーヴァントなりが実装されると思うので、そちらに期待しておきませう!

スポンサーリンク
このブログの中の人
往年のゆるゲーマー

昔は「スト2」「KOF」「VF」「鉄拳」などの格ゲー、今はソシャゲやPCゲーを主に遊んでる古参ゲーマーです。基本的に無~微課金でプレイしてるので、ヘビーユーザー寄りではなくライト・一般ユーザー目線で、実際にプレイしたゲームの感想や攻略など書いてます。
「銀髪」「褐色肌」「ジト目」が大好物ですが、ブッチャケ可愛ければ何でもアリアリアリアリアリッ!

カミカミ大王をフォローする
オレがアラフォーでゲーマーだとは誰も気づくまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました